著書『アニメの英語版で勉強!最強英語アニメ学習法』発売中!≫

運動しながら英語学習!効果・やり方を紹介【運動不足も解消】

運動しながら英語学習・勉強しよう
  • URLをコピーしました!

「運動したいけど時間がない」「時間があれば英語学習もしたい」という方は多いのではないでしょうか。

英語と運動は、うまく組み合わせることで、学習効果を高めつつ同時に行うことができます。

ぜひ本記事で紹介したやり方を取り入れて効果的に運動不足を解消しつつ英語力も向上させていきましょう。

※本ページはプロモーションが含まれています。

こんな疑問にお答えします
  • 運動と英語を組み合わせることはできる?効果・注意点は?
  • 運動と英語を組み合わせる具体的なやり方を知りたい
この記事を書いた人
  • 多読・多聴、英語アニメを活用した英語学習を10年以上続けている
  • 留学経験なしでTOEIC965点 (新形式:TOEIC960点)
  • 米国とのビジネス電話会議など、仕事で英語を日常的に使っている(TOEIC S170 W170点)
目次

はじめに:英語と運動を組み合わせるメリット・効果は?

はじめに、英語と運動を組み合わせる効果・メリットを紹介します。

メリット1:時間を有効活用できる

1つ目のメリットは、時間を有効活用できることです。

「運動」も「英語学習」も、時間があればやりたい、という方は多いのではないでしょうか。

しかし、日常生活でまとまった時間を確保するのはなかなか難しいものです。

はやさび

「運動しながら英語学習する」ことで、一石二鳥で効率よく時間を使うことができます!

メリット2:運動が学習効果を高める

運動というと「健康に良い」というイメージですが、実はそれだけではなく、脳の活性化、ひいては勉強に対してプラスの効果があることが多数の研究からわかっています。

運動しながら英語学習することで、運動による脳への効果を最大限に活かしながら、効率よく英語を勉強することができます。

例えば、以下の本でも、勉強と運動の組み合わせが紹介されています。

また、運動が脳に及ぼす効果については、以下の本が有名です。
けっこう分厚いのですが、脳のはたらき・学習にとって運動がいかに重要かを知ることができます(メンタリストDaiGoさんも、この本を読んで運動に目覚めたそうです)。

つまり、「運動によって脳を活性化して学習効果を高めつつ」「英語学習をする」ことで、単に時間を有効活用できるだけでなく、英語学習の効率も上がることが期待できます。

※本記事では特に運動と英語を組み合わせる方法を紹介しますが、運動を習慣化すること自体、日々の脳機能を活性化して英語学習効果や仕事のパフォーマンスを高めるのに効果的です。

私が自宅での運動を習慣化できたサービス「LEAN BODY(リーンボディ)」を以下の記事で紹介しているのでそちらもぜひ参考にしてください。

最大75%オフ&1500円Amazonギフト券もらえるキャンペーン中。
≫詳しく見る

大人気の”令和版ビリーズブートキャンプ”は、「オリジナル英語音声版」と「吹替版」の両方が用意されているので、英語音声でのレッスンも受けられます!

運動と英語学習を組み合わせるポイント

具体的な組み合わせを紹介する前に、組み合わせる際のポイントをお伝えしていきます。

ポイント1. 学習効果を高めるには有酸素運動がおすすめ

上記で「運動によって学習効果が高まる」ことをお伝えしましたが、そのために特におすすめの運動は、有酸素運動です。

ポイント2. 複数タスクを組み合わせるには注意も必要

本記事では、運動と英語の組み合わせを紹介していきますが、組み合わせ方を間違えるとかえって効率が悪くなるという可能性があるため、注意点をお伝えします。

人間の脳は、基本的にはマルチタスク (複数のタスクを同時にこなすこと)に向いていないことがわかっています。

『SINGLE TASK 一点集中術』という本で詳しく解説されています。

はやさび

「会議しながらメールチェック」は、シングルタスクを高速で切り替えているだけなので、脳科学的にみると実は効率が悪いです。

この本によると、効率を下げずに、メインとなるタスクと同時に行うことができる(マルチタスクが可能な)場合は以下に限られます。

  • 「注意を要さないタスク」(意識的な努力を必要としない場合)かつ、「干渉しないタスク」(互いに邪魔をしないタスク)

運動と英語は、「干渉しないタスク」であることがほとんどですが、あまり複雑な運動を英語学習と組み合わせると、「注意を要する」タスクとなってしまう可能性があるので注意しましょう。

ポイント3. 組み合わせ方は大きく2通り

英語と運動の組み合わせ方は、大きく2つのパターンに分けられます。

  1. 運動しながら英語学習をする【おすすめ】
  2. 英語で運動をする【意外と難しい】

英語学習の観点からは、「1. 運動しながら英語学習をする」のがおすすめです。

「2. 英語で運動をする」は、意外と難しく、英語に触れる量自体はあまり多くないため、「運動するついでに英語にも触れる」ぐらいの感覚で取り入れるのがよいと思います。

以下で詳しく解説していきます。

パターン1:運動しながら英語学習をする【おすすめ】

1つ目のパターンは、運動しながら英語学習をすることです。

英語学習と組み合わせるのにおすすめの運動は以下の4つです。

英語学習と組み合わせるオススメの運動
  1. デスクバイク・エアロバイク
  2. ウォーキング (通勤を含む)
  3. ランニング
  4. 家事

英語学習との組み合わせを以下に示しました。

英語オーディオブック英語読書英語アニメ英語ゲーム
デスクバイク・エアロバイク
ウォーキング (通勤を含む)
ランニング
家事
運動と英語学習の組み合わせ例

英語学習の中でも、英語オーディオブックは様々な運動と組み合わせることができる最強の英語学習です。

英語オーディオブックを聴くためのサービスとしては、アマゾンが提供しているAudibleがおすすめです。

はやさび

月額1500円で日本語も英語も多数のオーディオブックが聴き放題です。
運動時間やスキマ時間を非常に有効に活用することができます!

Audible無料体験は通常30日間のところ、2024年2月29日まで2ヶ月無料キャンペーン中。
無料体験後は月会費1,500円。無料期間中に退会すれば料金はかかりません。

\2024年2月29日まで! 2ヶ月無料/

※Amazon.co.jpのアカウントで簡単に無料体験の申込ができます。
※無料期間中に退会すれば料金はかかりません。退会はいつでも可能です。

運動1. デスクバイク・エアロバイク

個人的なイチオシは、デスクバイク・エアロバイクです。

屋内で自転車をこぐ、あの運動器具です。以下のようなメリットがあります。

  • 自宅で簡単に運動できる
  • 有酸素運動、長時間続けられる
  • 動きが簡単なので英語学習を邪魔しない

デスクバイク・エアロバイクは、手が空いているので、様々な英語学習と組み合わせる事が可能です。

デスクバイク・エアロバイクと組み合わせる英語学習
  • 英語のオーディオブックを聴く
  • 英語の本を読む
  • 英語アニメを観る
  • 英語ゲームをする

デスクバイクは、エアロバイクに机 (デスク)がついたものです。

机部分にスマホ・リモコンや飲み物など、ちょっとした物を置けてかなり便利です。

はやさび

スペースに余裕がある方は、デスクバイクがオススメです!

私はこちらのデスクバイクを使っています。

ぜひ、エアロバイク・デスクバイクをこぎながら、英語オーディオブックを聴いたり、英語アニメを観たりしてみましょう。

長時間ただ聴いたり観たりするのは意外とストレスになるので、体を動かしながらだと楽しく長く英語学習できてオススメです。

英語ゲームと運動については以下でも紹介しています。

英語オーディオブックを聴くためのサービスとしては、アマゾンが提供しているAudibleがおすすめです。
日本のビジネス書やラノベも多数聴き放題です。

\2024年2月29日まで! 2ヶ月無料/

※Amazon.co.jpのアカウントで簡単に無料体験の申込ができます。
※無料期間中に退会すれば料金はかかりません。退会はいつでも可能です。

はやさび

私はネックスピーカーでオーディオブックを聴きながらデスクバイクをこいでいます。

運動2: ウォーキング (通勤を含む)

通勤時間を含めると、日常生活で歩いている時間は結構あるのではないでしょうか。

ウォーキングと合わせて、英語オーディオブックを聴くと、歩くのが楽しくなって運動も長く続きますし、英語学習もできて大変おすすめです。

あえて散歩するのも、健康維持にいいですね。

ウォーキングと組み合わせる英語学習
  • 英語のオーディオブックを聴く

外を歩いていると、周りの音がうるさくてオーディオブックが聴こえなくなりがちなので、ノイズキャンセリングイヤホンを使うと耳読がはかどります。

ノイズキャンセリングイヤホンは、完全なワイヤレス型が人気ですが、落とすのが心配な方はネックバンド型もおすすめです。私はこちらのネックバンド型を使っています。

英語オーディオブックを聴くためのサービスとしては、アマゾンが提供しているAudibleがおすすめです。
英語だけでなく、スキマ時間に日本のビジネス書・自己啓発書を聴くこともできます。
≫Audible公式サイトへ

運動3: ランニング

外をランニングするなら、ウォーキングと同様に、英語のオーディオブックを聴くのがおすすめです。

ジムのランニングマシンなら、動画を観ることができるので、Netflixで英語アニメを観るのもおすすめです。

ランニングと組み合わせる英語学習
  • 英語のオーディオブックを聴く
  • 英語アニメを観る

運動4: 家事

最後の運動は「家事」です。

意外と「家事」は体力も時間も使うものです。

ネックスピーカーでオーディオブックを聴くと、家事の時間を有効活用できるのでかなりオススメです。

ランニングと組み合わせる英語学習
  • 英語のオーディオブックを聴く
  • 英語アニメを観る(料理しながらなど)

アマゾンが提供しているAudibleなら、英語だけでなく、日本語のビジネス書やラノベも多数聴き放題です。

\2024年2月29日まで! 2ヶ月無料/

※Amazon.co.jpのアカウントで簡単に無料体験の申込ができます。
※無料期間中に退会すれば料金はかかりません。退会はいつでも可能です。

パターン2: 英語で運動をする【意外と難しい】

ふたつめのパターンとしては英語で運動をすることです。

例えば、外国人のインストラクターについて、英語でエクササイズをするといった方法があります。

はやさび

私自身ときどきチャレンジはしていますが、掛け声が多かったりで意外と英語が難しいです

英語学習効果重視ならパターン1で紹介した「運動しながら英語学習をする」ほうがオススメですが、英語学習の息抜き的に「英語での運動」を取り入れてみるのはありだと思います。

1. 英語のエクササイズDVD・動画などで運動する

1つ目の方法は、英語のエクササイズDVDや動画を活用することです。

YouTubeで英語のエクササイズ動画を観るのもいいですね。

こちらのDVDは先生が英語で指導してくれて、なかなかよかったです。

また、英語レッスンは一部のみですが、オンラインフィットネスが受け放題の「LEAN BODY」も超おすすめです。

キャンペーンを活用すれば、年間プランが最大75%オフ(月額480円相当)かつ、1500円分のAmazonギフト券がもらえます。
≫LEAN BODYのキャンペーン詳細をみる

大人気の”令和版ビリーズブートキャンプ”は、「オリジナル英語音声版」と「吹替版」の両方が用意されているので、英語音声でのレッスンも受けられます!

2. 英語で運動できるゲームをする

2つめの方法は、英語で運動できるゲームをすることです。

Switchの「リングフィットアドベンチャー」など、英語設定で遊べる運動系のゲームがありますので、ぜひ活用してみましょう。

Swithc本体を英語設定にすれば英語でプレイできます。やり方は以下で紹介されています。
【Switch】本体の言語を変更することはできますか? (nintendo.co.jp)

リングフィット アドベンチャー

『リングフィット アドベンチャー』は、コロナ禍のステイホームで、自宅で運動できると大人気になったNintendo Switchのソフトです。

ジャストダンス(JUST DANCE)

『ジャストダンス』は様々な洋楽でダンスができるゲームで、自宅でのエクササイズにオススメです(一部日本の曲もあります)。

はやさび

気がつくと結構な運動量になります。楽しいです!

まとめ:運動と英語の勉強を組み合わせて学習効果を高めよう!

ぜひ、本記事で紹介した運動と英語の組み合わせを取り入れて効率よく英語学習を楽しんでいきましょう。

個人的には、運動×英語オーディオブックが一番のオススメです。

英語オーディオブック英語読書英語アニメ英語ゲーム
デスクバイク・エアロバイク
ウォーキング (通勤を含む)
ランニング
家事
運動と英語学習の組み合わせ例

オーディオブックを聴くためのサービスとしては、アマゾンが提供しているAudibleがおすすめです。

はやさび

月額1500円で日本語も英語も多数のオーディオブックが聴き放題です。
運動時間やスキマ時間を非常に有効に活用することができます!

人気ラノベが多数聴き放題

※Amazon.co.jpのアカウントで簡単に無料体験の申込ができます。
※無料期間中に退会すれば料金はかかりません。退会はいつでも可能です。

Audible無料体験は通常30日間のところ、2024年2月29日まで2ヶ月無料キャンペーン中。
無料体験後は月会費1,500円。無料期間中に退会すれば料金はかかりません。

私が自宅での運動を習慣化できたサービス「LEAN BODY(リーンボディ)」も以下の記事で紹介しているのでよかったら参考にしてください。

運動しながら英語学習・勉強しよう

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次